2016年10月25日火曜日

essay No.1 / ドイツの静かな窓から

静かなドイツの森の窓から
「伝統のビール祭り 陽気に飲もう300万㍑」

聞こえるのは鳥の囀りのみ。
カッコウの歌声とキツツキが樹をツツく音が静寂の中に響く。それが私のドイツの家です。シュツットガルト市内の森の中にポツンとあります。
森の向こうにはビール醸造所があり、9月の最終土曜日には『あの音』が訪れます。
パッポコ、パッポコ、パッポコ。おしゃれな伝統衣装に身を包んだかわいらしい馬たちのパレードです。そうです、恒例のビール祭りの始まりです! 出来立てビールを50樽ほど乗せた祝祭用の各馬車は、醸造所からビール祭り会場までの約10kmの道のりを行進します。ビール樽も生花で可憐に飾られており、見ていて思わず溜息が出てしまいます。樽の中のビールを飲みたいと心がはやります。
お祭り会場は地元の醸造所が建てたビールテントや、300機以上の最新かつハイテクなアトラクションや、無数の屋台や射的などがあるゲームセンターで賑わっています。『これがテントなの? 』 ビールテントとは2千人は軽く収容できる超大型ログハウスのことで、収容人数が6人を超えるものもあります。
『どの醸造所のビールテントに入ろうかなぁ。ワクワク!』 ビールテント選びも高揚感を高めてくれます。気に入ったビールテントに入場し、1リットルサイズビールジョッキを片手に、音楽隊の生演奏に合わせて肩と肩を組んで歌い合い、腕を組んで踊り、馬鹿話をして陽気に盛り上がります
日本人にとって馴染み深い名前『オクトーバーフェスト』はミュンヘンで開催されるビール祭りの名前で、シュツットガルトのは 『カンシュタッターフォルクスフェスト』という長い冠を授かっています 。シュツットガルトでのビール祭りは9月の4週目〜10月の1週目に行われ、その期間中のビール消費量は300万リットル以上です。ソーセージ、南ドイツ風餃子(マウルタッシェン)、皮カリカリ豚すね肉の骨付きグリル、ドイツ風焼き鯖など、ビールと一緒に食すと何と美味しいことか! 『楽しく飲んだり食べたり出来る平和な世の有り難さ!』 を痛感します。
        19世紀のヨーロッパは大飢饉に苦しんでいました。シュツットガルトのビール祭りは大飢饉の終焉を安堵し実りの秋を喜ぶ収穫祭として1818年に始まり、約200年続いています。
お祭りが終わると、350ヘクタール(東京ドーム7,5個分)の会場は元の広大な原っぱにかえり閑けさが戻ります。ビールテントもアトラクションも2週間だけのための仮設なのです。
人も土地も、思いっきり弾けた後は静かな日常へと 戻っていくのです。




2016年10月7日金曜日

Hallo my favorite SPRÜNGLI / スイスでしか食べれない最高のチョコレート

スイスの都市バーゼルでのコンサートが終わりました。
楽しかったです(((o(*゚▽゚*)o)))

ヨーロッパの乾燥している空気は 
やはり
ピアノの音を綺麗に響かせてくれます。

このスタンウェイのピアノB型、よく手入れされていて
演奏していて凄く気持ち良いです。 
調律師さん、ピアノとピアニストに愛情を注いで下さって
ありがとうございます!

あまりに心地よいので
コンサートが終わってからも
ここで個人練習をしてます(((o(*゚▽゚*)o)))


至福の時間(((o(*゚▽゚*)o)))
ピアノを愛でて、ピアノの音に愛でられている。
閉館になったので終えましたが
練習を辞めるのが辛いくらい
喜びがありました。

スイスにいるからには
食べなくちゃ!
練習したご褒美を自分にあげなくちゃ!!
シュプルングリ のお菓子!!!


スイス国内にしか店舗がないシュプルングリ
チョコレートのクオリティーと美味しさは
もちろん
最高です。

見た目もとても洗練されているので、
ショーウインドーを観てるだけでも
楽しいです。 
 
マカロンも最高に美味しい〜(((o(*゚▽゚*)o)))

チューリッヒ国際空港内にも店舗があります。
日本へのお土産に是非。
Sprüngli のお菓子の最高の美味しさには
奥様も彼女さんも
ご機嫌最高になりメロメロになること間違いなしです。


 xoxo









2016年10月3日月曜日

ドイツ シュツットガルトのビール祭り/ Canstatter Volksfest 2016

ドイツ シュツットガルトのビール祭り
『Canstatter Volksfest』
についてのレポートです^-^

地下鉄U1か U2か U11に乗ります。
地下鉄は途中から地上に出ます。
見えてきました〜 〜(((o(*゚▽゚*)o)))
Mercedesstraße で電車を降ります。

敷地内に入るのは入場無料です。

ビールテントが見えてきました 〜(((o(*゚▽゚*)o)))
テントといっても、木製のシッカリした巨大なログハウスです。


ビールテント前に立つとこんな↓感じです。
巨大さを 解っていただけますでしょうか^-^?
ビール祭り期間限定なのに、こんな巨大なものを幾つも建ててしまうドイツ人って凄いですね〜〜(((o(*゚▽゚*)o)))
そんなにもビールが大事なのどすかえ^-^?

ビールテント内はどこもかしこも満席で、予約をせずに来たので入れませんでした。
350㌶もある会場内を気の向くままに歩いてみます。


ありました! 定番のハート型レープクーヘン
一枚一枚にメッセージが書かれてあります。
販売されてるレープクーヘンのメッセージの90%は『イッヒ リーベ  ディッヒ』。
『君を愛してる』だの『君に恋してるだ』の書いてあるハートのお菓子を恋人にあげるんです。
このハートのレープクーヘンはイベントのお土産的なものとして作られ販売されているので、お味はまあまあというところです。本格的なお菓子としてのレープクーヘンを食べると、コレは美味しい!! です^-^


歩いているとお腹すいてきます。
ピザ、中華、 女性の好きなフルーツ系の屋台などが所狭しと並んでいます。


テントに入らなくても、外でも勿論ビールを飲めます。

ハイジがいました。風船になって。
ドイツ語の発音だとハイディー 。

強烈なアトラクションであるグラディエーターありました。

乗り終わった後は、どの人も髪ボサボサでフラフラになっています。

観覧車に乗りたい!
会場内には大きな観覧車が2機グルグル廻っています。
回転速度は日本の観覧車の5倍くらいです。スピーディーです。ドキドキします。

観覧車に乗って上から見下ろすと、会場の様子が一瞥できます。
これらの建物や乗り物が2週間という期間限定の仮設であり、ビール祭りが終わってしまうと閑散とした何もない平地だなんて、不思議です。
アトラクションはキリがないくらい沢山揃ってます。
 

過激なアトラクションの後はほっこりしたくて子供コーナーへ行きます^-^

金魚釣りではなくて、恐竜釣り。
 


スピードの緩やかな子供用ゴーカート。

電車のような形をしてるけどメリーゴーランド的な動きの乗り物。


ブラブラしているとあっという間に時間が過ぎてしまい、もう夕暮れです。
60万の人口を抱えた都市シュツットガルトですが、緑が豊かで、ネーカー川がゆったりと流れていて綺麗です。


日が暮れると肌寒く、10月頭なのに5度しかありません。
遊びにいらっしゃる方は脱ぎ着しやすい服でいらしてくださいませ^-^/



 xoxo