2016年11月22日火曜日

essay No.3 / ドイツの静かな窓から

静かなドイツの森の窓から

ノイアーワイン

  
 日本の家族や友人たちに送ってあげたいけど出来ない!
こんなに美味しいのに〜!という飲み物の一つが「ノイアーワイン」です。


 直訳すると「新ワイン」(ノイアー=新)となります。

 なぜ日本に送れないのか?

 
 瓶の栓が密封されていないからです。横にすると中の飲み物がこぼれてしまいます。

 どうして栓がちゃんとしまっていないのか?
 
 瓶を密封すると、中の飲み物が爆発して容器が破裂する可能性があるのです。

 「ノイアーワイン」とは、収穫したばかりのブドウを水と酵母に混ぜた、発酵途中のブドウ酒です。
 
 初めの頃は炭酸入りブドウジュースみたいな味がします。まだワインになる前の状態なので、グラスに注ぐとか細かい泡がシュワシュワ〜ッと出てきて、まるでシャンパンを注ぐような繊細な音と、グラスの中で 踊る微細な泡を楽しく鑑賞出来ます。
 
 発酵が進み続けるので、ひごと甘みがひいていき、徐々にワインらしい味になっていきます。

 3週間ほどでアルコール含有量は11%まで上昇します。

 風味やアルコール量の変化を連日堪能できるのはノイアーワインならではで、「本日限定の味を香り」が日々楽しめます。

 風味やアルコール度が好みに達した日にグビ〜っと飲みきります。
 
 アルコール含有量1%の甘い炭酸入りブドウジュースとして飲むか、もう少し待って炭酸と甘みの風味が控えめになった8%くらいの軽めのお酒として楽しむか、もしくは11%のワインとして一献傾けるかなど、嗜み方はさまざまです。

 ノイアーワインには乳酸菌と豊富なビタミンB1やB2が 含まれているので、健康や美容に良い効能効果があります。

 値段は大体1本(750ml)3ユーロ(約350円)。秋限定で販売されます。

 旬産旬消か地産地消のノイアーワイン、最高に美味しいです!



2016年11月8日火曜日

essay No.2 / ドイツの静かな窓から

静かなドイツの森の窓から

 「静寂時間」とは?

日祝日は終日、平日は午後1時から3時までと、夜10時から朝7時まで。 

 これらの時間帯には、掃除機をかけたり、洗濯機を回したり、家具を移動させて音を立てたり、ラジオwやテレビの音を大きく流したりすることは禁じられています。楽器の練習?ダメです。そんな大きな音鳴らしたら!

 この規則を守らないと警察が飛んでくることもあります。お昼の1時半ごろに大音量でCDを聴きながら悦に入りご機嫌だった私の部屋に、来ました、警察。

 こういう話は決して珍しくないのです。ひどい時は罰金5万ユーロ(約560万円)を請求される場合もあります。日曜日に、家族からの「パパさすが〜。すごい!ありがとう」を聞きたくて、ひたむきな気持ちで庭の芝を草刈機できれいに刈り終えたところ、ご褒美ではなく多額の罰金請求書を受け取るという悲劇が起こり得るのです。

 静寂時間帯がドイツの法律で定められているのは、個人個人の健康と健全な社会を保つためです。長時間の絶え間ない音は「聴力を損なう」「精神的ストレスを受ける」危険性があり、騒音問題により人間関係の悪化を引き起こす可能性もあります。

 人々はこの静寂時間帯には、閑静な森の中を散歩したり、馬に乗って草原を駆け回ったり、木漏れ日溢れる静かなオープンカフェや公園のベンチに座ってのんびりと過ごします。
 大きなズウタイで無骨な印象を与えがちなドイツ人ですが、音に対して敏感で、隣人への細やかな配慮を持っています。

 静寂時間帯はドイツ語で「ルーへ ツァイト (ルーへ=静寂、ツァイト=時間)といいます。「ルーへ」という言葉には平和、平安、安息、息抜き、憩い、静謐などの意味もあります。ドイツ人がもっとも好み頻繁に口にする言葉の一つがこの「ルーへ」です。

  「ルーへ」への愛着がうかがえます。 





2016年11月7日月曜日

"SHÔ III" / Fernando Riederer

Fernando Riederer composed for us ensemble cross.art ^-^

Here you can listen our performance his music "SHÔ III". We performed by "Bienal Música Hoje in Curitiba/ Brasil"
SHÔ III

http://SHÔ III



SHÔ III for Violin, Cello and Piano (2012)
Composer : Fernando Riederer
ensemble cross.art
Saeko Takayama - Violin
Céline Papion - Cello
Junko Yamamoto - Piano
ensemblecrossart.com
bienalmusicahoje.com
ensemble cross.art performed by the II Bienal Música Hoje in Brasil 2013
Programa: Mello, Balter, Dottori, Nascimento, Crowl, Nassif e Riederer
Data: 21 de Agosto, 2013
Local: Capela Santa Maria, Curitiba/Paraná - Brasil
Thank you for your great support Goethe Institut
https://www.goethe.de