2018年7月12日木曜日

concert: Ésprit Apollinaire

Ésprit Apollinaire
Apollinaire est mort, vive Apollinaire!!!

So. 17.06 | 18:00 Warm-Up, 20:30 Main Act
Schauspiel Stuttgart – Nordlabor
Löwentorstraße 68
70376 Stuttgart
Eintritt: 12,- € / erm. 7,- €
Do. 12.07 | 19:30
Kulturzentrum Dieselstrasse
Dieselstraße 26
73734 Esslingen
Eintritt: 6,- € / erm. 3,- €

Guillaume Apollinaire ist 1918 gestorben, doch 100 Jahre danach lassen wir ihn neu aufleben und uns durch sein Vermächtnis inspirieren. In ungewöhnlichen Kooperationen zwischen Musikern, Video-, Sprachkünstlern und Graphikern entwickeln wir unentwegt Neues, Ungesehenes, Ungehörtes. Ein performativer Abend mit Ésprit Apollinaire, voller poetischer Ausflüge, visuellen Vergnügens, ernster Nachforschung, eine Zusammenarbeit von ExVoCo, NOISE-BRIDGE, ensemble cross.art, sprech&schwefel und mehr!
Das transdisziplinäre Kunstprojekt „Esprit Apollinaire!!!“ ist eine Kooperation des Stuttgarter Kollektivs für aktuelle Musik (S-K-A-M) e.V. mit dem NordLabor, der Experimentierbühne des Staatstheaters Stuttgart und verschiedenen Stuttgarter Ensembles und Künstlern. Die Initiatoren verweben Videokünstler, Schriftsteller, Sprachkünstler, Philosophen, Graphiker und ihre Arbeiten durch Kooperationen mit Komponisten und Musikern zu einer multiplen Partitur. Die Premiere findet in Schauspiel Stuttgart – Nordlabor am 17. Juni statt und wird von einer weiteren Aufführung in Esslingen am 12. Juli gefolgt.
Im Rahmen von “Ésprit Apollinaire!!!” spielt ensemble cross.art Werke von Toshio Hosokawa sowie traditionelle japanische Musik für Shō und Cello arrangiert. Dabei werden Kalligraphie der Meisterin Ichizu Hashimoto in einem Film von Julia Voit gezeigt. Zwei Werke von den Süd-Amerikanischen Komponisten Jorge Villavicencio Grossmann & Alexandre Lunsqui werden zu “Poesia Concreta”-Gedichte von Augusto de Campos uraufgeführt.

ensemble cross.art:
Junko Yamamoto, Klavier & Shō
Céline Papion, Cello
Oliver S. Frick, Live-Elektronik


In Kooperation mit: NordLabor / Schauspiel Stuttgart & S-K-A-M e.V.
Gefördert durch: LBBW-Stiftung, Regierungspräsidium Baden-Württemberg, Stadt Stuttgar

2018年5月6日日曜日

concert:Récits tremblants [Heimat ist eine Sehnsucht, die…] NeueLiteraturKammerMusik

Récits tremblants [Heimat ist eine Sehnsucht, die…]
NeueLiteraturKammerMusik
06. Mai 2018 | 19:30
Kunstraum 34 – Filderstraße 34, 70180 Stuttgart
Eintritt: 10 € / erm. 5 €

Mit Susanne Fritz [Sprache], Michael Speer [Sprache] & ensemble cross.art: Céline Papion [Cello], Junko Yamamoto [Piano]

Heimat und Heimatlosigkeit, Zugehörigkeit und Fremdheit. Ein Austausch zwischen Musik und Sprache – fragil, spannungsvoll und ungestüm, poetisch, satirisch, provokativ und dokumentarisch.
Mit den Sprechern Fritz und Speer präsentiert ensemble cross.art eine 70-minütige Collage aus Literatur und musikalischen Werken der letzten sechzig Jahre.
Im Wechsel, sowie im engen Dialog und in vielfältigen Verschmelzungen der Musik mit dem gesprochenen Wort, entsteht aus Klang und Sprache ein atmosphärisch dichtes Gesamtkunstwerk über den Heimatbegriff, dessen Grenzen und Fragwürdigkeit.

Im Rahmen von ” K-R-A-M 2018 | “Sssssssss… Stimme, Sprache, Schrift & Spiel”
In Kooperation mit Kunstraum 34
Gefördert durch Stadt Stuttgart, S-K-A-M e. V.

2018年4月12日木曜日

essay No.36 / ドイツの静かな窓から

静かなドイツの森の窓から
イースター(復活祭)


  ドイツの国民祝日であるイースター(復活祭)の日にちは毎年異なります。

  移住民の多いドイツでは宗教観も様々であり、現在では 「キリストの復活」よりも「春の訪れ」を祝う人の方が多いように感じます。

 ドイツの春の訪れは唐突です。 3月中旬頃までドーンと居座っている厳つい冬将軍は、 ある朝突然姿をくらまし、暖かい春が舞い降りてきます。この体験をすると、宗教に関係なく誰もが、春の象徴である生命の息吹を感じ、春を祝い、春の来訪に感謝したくなります。

   新しい生命が輝きだす春のお祝いであるイースターには、生命の象徴である卵や、 多産であることから豊穣のシンボルである兎がイースターグッズのモチーフとして使われています。

 春分のころになると、色鮮やかに塗られたゆで卵や、卵の形やウサギの姿をしたチョコレートが売られるようになり、「今年は何日がイースターだったかな?」「3月中旬から4月中旬のどこかの日曜日だけど... 」という会話が飛び交うようになります。

  イースターの日取りは、「春分の日のあとに来る最初の満月の次の日曜日」というように定められています。今年の春分の日は3月21日でした。満月になったのは3月31日、土曜日。そこから一番近い日曜日がイースター日ですから、今年は4月1日だったわけです。来年の場合は、今年よりも3週間も遅く421日になります。

 イースターは「十字架に掛けられて亡くなったイエス・キリストの復活を祝する日」だけでなく 、「春の到来をお祝いする日」でもあります。「イースター」の語源は「エオストレ(Eostre)」という春の女神の名前であるという説もあります。

 冬の間はついつい厳しい面持ちをしているドイツ人ですが、この時期になると「卵から孵った雛」のように元気よく活気づいた表情になります。



2017年9月28日木曜日

essay No.23 / ドイツの静かな窓から

静かなドイツの森の窓から

ドイツの挨拶



ドイツの一般的な挨拶の仕方は握手です。

立場が上の人から下の人へ手を差し伸べるのが常識となっています。しかし、仕事絡みのないパーティーなどでは、社会的立場や年齢を問わず、その場にいる者同士が自ら積極的に握手を求め合います。 

 手を握る強弱は十人十色です。ソフトに『ふわっ』と握る人や、1メートルくらい向こうから助走をつけて『グワシッ!』と握る人、こちらが『イタタタッ!』と悲鳴を上げそうになるほど強く握ってきたり、3分くらいシェイクし続けて止めない人もいます。

 他の挨拶の仕方では、家族や親しい友人同士でのハグがあります。ハグ=抱擁。『抱擁』と言うと淫靡な感じがしますが、ハグにいやらしさはありません。ハグは家族愛や友情を確認し合える素晴らしい方法です。

 『人間にとって弱点である背中』に手を回すハグは、お互いに信用し合っていないと出来ないものです。

 相手のことを『心から大切に思っている。信頼している。共に喜びを分かち合い、 辛い時にはあなたの助けになりたい。』という人間愛に溢れる気持ちを身体で伝い合える 挨拶がハグです。


 また、私たち日本人にとっては『えっ!?』とビックリするような挨拶習慣もあります。同性だろうが異性だろうが、親しい友人との挨拶として、『右にチュ、左にチュ』と両方の頬にキスをします。


 『挨拶とは言え、嫌いな人ともチュするの!?』と思いませんか?


 スキンシップ効果とは不思議なもので、喧嘩をしたり気まずくなった相手と『チュッ、チュッ』と挨拶を交わすことによって、相手に対する気持ちが和らぎ、友人としての距離感が再び縮まる効力があるようです。


  何百年も戦争が繰り返されてきたヨーロッパ大陸に住む人々が、『争いごとをせずに仲良くし続ける方法』の一つとして習慣化していったのが、これらの挨拶なのかもしれません。



2017年7月27日木曜日

call for scores for the project "Times 2018 Tokio"

Junko Yamamoto is happy to announce a „call for scores“ for the project „Times 2018 Tokio“

what is the project „Times 2018 Tokio“ ?
• „Times 2018 Tokio“ is a concert which is produced by Masamichi Kinoshita.
• The concert will take place on 18th February (Sunday) at 6.30 p.m. in the Doujin-Christ-Church in Tokyo.
• The pianist Junko Yamamoto will perform contemporary piano music from Germany, the complete piano etudes by Toshio Hosokawa and 1 - 3 pieces from “call for scores” for piano solo


Please be sure to review the terms and conditions below before submitting your score and other materials.
• This call for scores is open to composers of any nationality and age who are currently living in Germany or have lived in Germany in the past.
• The duration of the work should not exceed 15 minutes.
• Deadline for submission: October 1, 2017
• Entry Fee: No Entry Fee
• Reward: No prize money.
• Instrumentation: piano solo
Possible playing techniques for the piano:
- Using the Sostenuto-pedal (3rd pedal) is possible.
- Playing inside the piano without marking is possible.
- Preparation inside the piano is not possible because there is no time for preparation between the pieces in the concert.
• The results of the call for scores will be announced  on December 1, 2017 on the Website www.junkoyamamoto.de

How to submit:
Please visit the website
to fill in the application and upload the following material:
• score (pdf-file)
• recording of the work (mp3-file). (recording is not obligatory but it would be good if you have)
• video-link of the work (i.e. Vimeo, YouTube, etc.) (video is not obligatory but it would be good if you have)
• short biography (less than 100 words

To log in to the application form you need a gmail-account or an account associated with Google Drive.

2017年6月7日水曜日